メッセージ

柔軟な適応力で変化を恐れず
 未来の価値(カタチ)を創造しよう!

本州製罐株式会社は、1958年に創立し、東洋製罐グループのメタル容器部門の一翼として、18リットル缶、食缶、美術缶を提供させて戴き、容器を通して、多様化する日常生活を支え、社会に貢献して参りました。

 

これもひとえに皆様方のご理解、ご支援の賜と心からお礼申し上げます。

 

今、世界は持続可能な開発目標の取り組みであるSDGsを共通の目標とし達成するために

当社においてもその取り組みを念頭におき、品質・環境・食品安全のマネージメントシステムを認証取得し、安全・安心な製品をお届けできる事業活動を展開しております。

また企業活動における遵法精神を徹底させるとともに東洋製罐グループが遵守・実践すべき枠組みを示す「グループ企業行動憲章」および「グループ企業行動規準」を定めています。当社においてもこの上位概念に基づきコンプライアンス体制の強化に取り組んでいます。

 

今後も、私達を取り巻く環境は日々変化しますが、持続可能な社会の実現を希求して、人類の幸福に貢献できるよう、柔軟な適応力で変化を恐れず、未来の価値(カタチ)を創造し

誠実で公正な事業活動を通じて、当社の包装容器がこれからもお客様に信頼されてご使用いただけるよう、社会の繁栄に努めてまいります。

 

皆様にはより一層のご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長 鈴木 博司