Home 会社概要



美術缶の製缶工程
ぶりき板送り機
切断機
溶接機
サイドシーム焼付機

1.メタルシートフィーダ−

2.タンデムスリッタ−

3.溶接 4.補正焼付機
積み重ねられたシートを、1枚ずつタンデムスリッタ−へ連続的に送り出す装置。 シ−ト(鋼材)をボディ−ブランク(1缶の規定寸法)に2段階で切断する装置。1段階で缶胴の径寸法に、2段階目で缶胴の高さに切断する。 ボディ−ブランクはフレクサを通り、フォ−ミングロ−ルで円筒状に成形され、Zバーへ送られる、ウェルディングステ−ションのディアボロ−ロ−ルで缶外周を保持して、銅線を中間電極にした上下ウェルディングロールにより、圧着・溶接される。 溶接缶のサイドシ−ム内・外面を補正塗料で焼付する設備、冷却されて補正が完了する。
ISS補正(内面)は内容物により、薄塗り・厚塗りがある。

缶口絞り

缶口折曲機
ビード入れ機
ネジ成形機

5.ネッキング(する缶型としない缶型がある)

6.フランジャ− 7. 8.
缶胴端部を缶径より小さな径に縮径加工(ネックイン加工)する装置。 ここでは二重巻締ができるよう、缶胴の両端を縁曲げ(フランジング)される。    
自動二重巻締機
検缶機
積載機
包装機
9.シ−マ−
 (自動二重巻締機)
10.検缶機(テスタ−)

11.パレタイザ−
 (積み付機)

12.包装
(箱詰・シュリンク包装)
二重巻締機には、あらかじめカール部分にシーリングコンパウンドが塗布された、底蓋が供給されており、それが缶胴の上に被せられ二重巻締されて空缶が出来上がる。 圧縮空気によって自動的に漏洩検査が行われ不良缶は自動的に排除される。 パレットの上に製品を積み一定単位にまとめる機械。 キャンケーサによって箱詰めされるか、又はシュリンク包装される。

13.ヒ−トシ−ル
 (する缶型としない缶型がある) 
14.パスカル成形
           
アルミ箔を缶胴に貼る装置 缶胴までは普通の製罐をして、予め準備した型(キャラクタ−製品・キティ−等)で水圧を利用して成形する。


打抜缶の製缶工程
ぶりき板送り機
プレス
トランスファープレス
1.メタルシートフィーダ− 2.第1成形工程 3.第2成形工程 4.トリミングプレス
積み重ねられたシートを、1枚ずつプレスへ連続的に送り出す装置。 ブランキング加工とカップ成形加工を行い、板材からカップを作ります。 カップをリドローパンチとダイで所定の缶径(最終製品の径)に再絞りを行うと同時に、缶胴底部パネリング加工を行います。 成形加工後、缶胴の適性フランジ確保の為縁切りをする機械。
包装機  
5.包装(シュリンク包装)  
シュリンク包装される。  



印刷、塗装
タンデム印刷ライン
タンデムとは、縦に一列に2台又は2台以上の機械、装置を並べて連続的に作業をする方式。
 
ぶりき板送り機 印刷機 塗装機 焼付炉
1.メタルシートフィーダ 2.印刷機 3.コータ 4.シートオープン
積み重ねられたシートを、1枚ずつ印刷機フィードテーブルへ連続的に送り出す装置。 1stと2ndの2台あり、各々でシートにインキを転写(オフセット方式)することにより、印刷する機械。 印刷が完了したシートの上に、印刷画面の保護および滑り性をよくするために、透明の仕上げワニスを塗装する機械。 シートに印刷された塗料を高温熱風で焼き付け乾燥する装置。
 
反転機    ぶりき板積載機    
5.ターンホイル
 (反転機)
6.シートパイラ    
印刷されたシートを、次工程のために裏表をひっくり返す装置。 印刷されたシートをスキッド(台)に積み重ねる装置、エンドスタッカともいう。    


用語説明

ブランキング
ブランキングとは、板材(ブランク)をブランキングパンチとダイで所定の形状寸法に切断する事です。

オフセット方式
刷版のインキをいったんブランケットに転移し、被印刷物に再転移する印刷方式。
ボデイブランク[body blank]
所定寸法に切断された缶胴成型用の金属板。
フレクサ[flexor]
安定した円筒成形が得られるようにブランクを予備的に丸める工程。
Zバー[z-bar]
溶接されるブランクの両端が適正なオーバーラップで重ね合わされて溶接されるように案内の役目をする部品。断面がアルファベットの”Z”に似ている。
オーバーラップ[over lap]
溶接缶の缶胴において、サイドシームの両端が重なり合った部分。
サイドシーム[side seam]
缶胴の継ぎ目。
ディアボロロール[diabolo roll]
溶接する際、適正なオーバーラップを確保する為に缶の外周を保持する複数のロール。

ウェルディングロール[welding roll]
電極ロールとも言う。缶の内面側・外面側に一個ずつあり、溶接ワイヤを介してサイドシーム溶接部に溶接電流を通ずるとともに溶接加圧及び缶胴材搬送力を伝える作用をする。

補正塗料[repair coatings]
補正の為に用いられる塗料。外面側は防錆性、内面側は耐内容物性を付与する為に塗装される。

OSS[outside side seam striping]
サイドシーム外面の腐食発生を防止する目的で、サイドシームの外面に塗料を塗装することをいう。
ISS[inside side seam striping]
サイドシームの内面に塗料を塗装することをいう。
耐内容物性の為、サイドシームからの金属露出を抑える目的で行われる。内容物により、薄塗り・厚塗りがある。
空缶(くうかん)[empty can]
内容物を充填する前の缶のこと。消費者が缶詰を使用後、廃棄した缶は空缶と区別して空き缶[discarded can]と呼ばれる。